資金サポートを申し込む際に求められる書類についてまとめた金融サポートサイト

資金サポートを受けるために必要な書類と受けた後に必要な書類

資金サポートとは何か

事業における資金サポートは、資金サポートという表現自体にはあまり馴染みがないかも知れませんが、難しいものではなく、一般的な出資・投資・融資といった第三者からの資金調達が基本的に何らかの形で利益を得ることを目的に資金を提供しているのに対し、資金サポートは利益を得る事よりも、事業者へのサポートに重点を置いて資金を提供しているという違いしかありません。

具体的に資金サポートを申し込むことが可能な金融機関として、事業振興そのものを目的に融資を行う日本政策金融公庫、地域振興と利益の両立を図りつつ融資を行う地方銀行、地域の進行のみを目的に融資を行う信用金庫などの金融機関が挙げられ、公的な金融機関である日本政策金融公庫はもちろん、地方銀行や信用金庫も利益を期待して融資を行うという金融機関の原則からはやや外れています。

資金サポートを申し込む際に求められる書類

資金サポートという形で資金の融資を行う金融機関の場合、事業の成功や事業の成功に伴う地域振興といった、事業の成功によるプラスの影響を期待していることから、融資の限度額や融資の返済期間が、利益の追求を目的とした金融機関からの出資や投資、融資に比べると事業者に有利な形で設定されるものの、融資の利点が大きい分、審査が厳しくなりやすく、必要な書類も多くなりがちです。

実際に資金サポートを申し込む際に求められる書類は、個人情報の取り扱いに関する同意書・個人情報の提供に関する同意書・履歴事項全部証明書(商業登記簿謄本)・決算書及び附属明細書(コピー)・税務署受付印のある確定申告書(コピー)・印鑑証明書・納税証明書等・契約書(コピー)・見積書(コピー)・住民票抄本など、様々な書類が要求されますし、当然ながら、本人確認書類も必須でしょう。


この記事をシェアする