お店を継続させるには

継続のために意識するべきこと

サービスの質、普遍性、差別化、ブランディング、集客、投資、リスクマネジメント、顧客管理など、たくさんのキーワードが、お店を継続させていくために気をつけたいものとしてあげられます。
そして、ひとりよがりのサービスの提供をするのではなく、時代のニーズに沿り、マーケティングに則ったサービスを提供すること。
自分の価値観にこだわり過ぎても、理想を追いすぎても、必要とされているニーズや客層、また地域性など多くの条件に見合ったものでなければ、商売の長続きはありえません。
店舗経営での3本柱となるのは、利益追求、商品価値、お客様の質であると言われています。
業界や店舗形態にもよりますが、これは、多くのビジネスに共通している点でもあります。
とくに、飲食業などの競争が激化している業界では、しっかりと見極め、考えていく必要がありそうです。

仕事とプライベートの両立

店舗経営者で成功をおさめている人々には、ある種の共通点があると聞きます。
それは、仕事のみに生きるのではなく、しっかりとプライベートを充実させているという点。
家族がいる方の場合は、家族と過ごす時間を大切にして、営業日とオフのの日を分けている方が多いようです。
また、自分が趣味とする何かに時間を惜しまないこと。
スポーツや楽器、旅行など、人によってさまざまな趣味があると思いますが、趣味がもたらす好影響は、意外と多いんです。
趣味に没頭するということは、リラックス、リフレッシュできる時間ができるだけではなく、人脈が広がったり、視野が広がったり、新しいアイデアが生まれたりと、たくさんの素敵なメリットもあります。
お店を長く継続させるためには、お店の外へ出て時代の流れを知り、ライフワークバランスの取れた自分の人生を楽しみつつ、臨むことが大切なんですね。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ